パスウェイ留学で留学するメリット

パスウェイ留学で留学するメリット パスウェイ留学は、大学やカレッジと協力関係にある語学学校等の英語コースを受講し、条件付きで大学に入学するプログラムのことで、定められた授業を修了すると入学が保証され、大学2年生へ編入できるというメリットがあります。
通常海外の大学やカレッジに入学する場合、高校の成績や英語力が問われることになり、英語のスコア等の入学条件をクリアしなければなりません。
具体的には、レベルの高い大学の場合、高校の成績は5段階評価で4、アメリカ合衆国の教育試験サービスが主催している外国語としての英語のテストであるTOEFLスコアに関しては、IBT70点後半から80点必要と認識されています。
国際的に認知度が高い英語運用能力試験であるIELTSは、5.5から6.0以上となりますが、パスウェイ留学の場合は、英語力が伴わない場合でも、語学学校等で英語力を伸ばして入学することができるため、留学の難易度が下がります。
他にもメリットがあり、留学費用が安くなります。
語学学校等で学ぶ授業が大学の単位として認めるよう制度が整えられました。
留学期間が短くなるため、時間と留学費用を節約することにつながるります。
パスウェイ留学で大学やカレッジ就学中は、一定時間アルバイトを行うことができます。

パスウェイ留学を利用する際のデメリットとは

パスウェイ留学を利用する際のデメリットとは パスウェイ留学のデメリットは、英語を学びながら並行して大学レベルの専門分野の授業を受ける必要がある点があげられます。
もちろんこの特徴をデメリットと思う人もいればメリットと感じる人もいることでしょう。
ただ、基本的にパスウェイ留学を利用している限り基本的に大学生としての授業を受けながらそれに加えて語学の勉強をしなければなりません。
そこに魅力を感じたとしても負担が大きいことは間違いありません。
英語の学習だけでも手一杯の人はそこまで手が回らないと感じることも当然あります。
なお、その際には自分の英語レベルに合わせて随時授業の内容を調整してもらうことは可能です。
無理だと感じたらその思いを抱え込んだままにせず、学校側に随時相談するようにしましょう。
また、通常の留学に比べて求められる英語力が低めではありますが、それでも一定の要件を満たすことは必要です。
その求められるレベルは留学先によって異なりますが、できるだけ英語力を上げておくに越したことはありません。
事前に努力を積み重ねておきましょう。

新着情報

◎2021/1/28

パスウェイ留学の情報収集
の情報を更新しました。

◎2020/12/4

向いている人はこんな人!
の情報を更新しました。

◎2020/09/15

サイト公開しました

「留学 利用」
に関連するツイート
Twitter

会見みてると結局皇族利用してない?眞子さんが主導だったというなら違憲じゃん。皇族の身分で色々介入してるってことじゃん。留学も主導したっていうなら、ロイヤルパワー使ったってことでしょ。違憲だわ、

脱亜論、慶應に留学させた中韓の青年が本国に帰国してから弾圧されてゐる事に対し、福沢諭吉が激怒して寄稿した説があるらしゐ。 だから、ネトウヨがヘイトにそれを利用するのは感心しなゐ。

返信先:会見も回答文書も見たけどさ、弁明する場何だろうけど 完全に眞子さんを盾にしてるよね 留学の経緯も含めて全て 今後も眞子さんの意思で通すのかな ロイヤルチートと言われても然らずよ 人を利用するのは天性なのか

①進学や留学はかなりまとまったお金が必要だけど、資格挑戦ならそれらに比べて費用的にかなりハードルが低い。難関資格までだったら独学なら10万ほどでなんとかなる。スクール利用でも数十万。費用がネックは変わらなくても、本気ならなんとかならないワケじゃないだろう。

返信先:フォーダム大学なんて二流の私学だから、金さえ払えば入学は簡単なはず。 だけど中学からインターで大学ICUでUCLAも一年の留学だから、大したオツムはない。 それで何かしらの賞とかもらってるから、大学も泊付ける為にロイヤルファミリー利用でしょ〜