このサイトでは、英語力や高校生の時の学力に自信がない人でも海外の大学に入学できるという、パスウェイ留学の仕組みについてご紹介しています。
パスウェイプログラムを利用した場合に海外のどこの国で学べるのかやこの方法を使った留学のメリット、またどのような人がこの方法での留学が向いているのかといった、知っておきたい情報を扱っています。
さらにパスウェイプログラムの情報を集める方法も解説しているので、ぜひ一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

誰でも海外の大学に入学できる?!パスウェイ留学の仕組みを紹介!

誰でも海外の大学に入学できる?!パスウェイ留学の仕組みを紹介! パスウェイ留学は、出願時にはまだ入学基準の英語力が身についていなかったとしても、プログラムを履修して一定の成績を収めることを条件に合格の内定を貰うことができるという仕組みです。
英語力だけでなく高校卒業時の成績に関してもプログラム修了時に基準をクリアしていれば入学ができる場合もあります。
1年生時はパスウェイプログラムを利用して、通常の大学生と同じ科目を勉強しつつ英語も勉強するようになっています。
そして2年生からは大学に編入するという仕組みです。
このようなパスウェイ留学を活用すれば、学びたい意欲があり修了時に基準をクリアできれば、誰でもアメリカやイギリス、カナダなどの大学で学ぶチャンスを掴むことができます。

英語力が足りなくてもパスウェイ留学はできるのか

英語力が足りなくてもパスウェイ留学はできるのか 海外に留学をするにはある程度の英語力が必要と思われがちですが、資格取得が目的のパスウェイ留学なら私立のパスウェイプログラムのある学校か大学付属の学校、または語学学校に入学することができます。
ただし、それには一定の条件を満たす必要があります。
その条件とは、入学基準の英語力に満たない場合でも、パスウェイプログラムの授業を受けて定められた成績を修めることです。
また、最終学歴の成績が入学したい大学の基準に満たなくても、パスウェイプログラムを受けて成績の基準を満たせば入学できるというチャンスがあります。
パスウェイプログラムを受けることになった場合、1年間のカリキュラムが組まれますが、最終的に成績をクリアした場合はそのまま2年生への編入が可能です。
イギリスやオーストラリアなどの世界でもトップレベルの大学の場合はそれができない可能性もありますが、ほとんどの場合は2年生に編入できる仕組みになっています。
このようなチャンスがあるので、英語力が少し不足していてもパスウェイ留学なら海外の大学に入学しやすいです。
パスウェイプログラムが用意されている大学があるのは、アメリカやイギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドなどです。

パスウェイ留学で海外の大学に入学するメリット・デメリット

パスウェイ留学というのは、条件付き入学により海外の大学に進学するというもので、海外では比較的一般的な制度です。
なお、その入学に際して課される具体的な条件としては、出願時に一般的な基準として設けられている英語力を満たせていなくとも指定されたプログラムを履修し規定の成績以上で卒業すれば良い、というものです。
つまり、この要件を満たすことを条件に現状英語があまりできなかったり成績が良くない人であってもわざわざ語学学校などに通わなくとも海外の大学に進学できるようにしてくれる制度こそが、パスウェイ留学です。そのため、海外の大学に留学するにあたっての準備時間やお金を節約できる点がその利用にあたっての何よりのメリットです。
また、英語力を伸ばしながら大学の受講を受講できる点もパスウェイ留学の魅力です。ただ、苦手な英語力を磨くための授業を受けながら一般的な自分の専攻分野の大学の授業も並行して受けなければなりません。ついていくには努力が必要です。

認定留学を実現することができるパスウェイ留学

留学を行ってみたいけれど休学は避けたいと考える人も多いです。在籍中の日本の大学を休学してしまうと、卒業が1年間遅れてしまうことになりますが、パスウェイ留学を利用して認定留学を実施すればこういった問題が起こりません。
半年から1年の留学で海外の大学にて取得した単位を日本の大学で認めてもらうことができるため、休学扱いにはならず卒業が遅れることもなくなります。
大学の規定や条件の中で協定校に留学すれば、これが認められるはずです。パスウェイ留学ではこれについて気になっている人からの問い合わせに対応していますし、本格的に検討する場合は無料カウンセリングを利用することができます。
カウンセリングの結果、パスウェイ留学を利用して留学することが決定すれば、申し込みや留学出発までのスケジュールを組み立ててもらうことが可能です。出発してからは学習面や生活面で困りごとがあれば質問することができますし、帰国後は就職などの相談もできます。手厚いサポートがあるので、安心できる認定留学にしたいと考える人にもパスウェイ留学はピッタリです。

パスウェイ留学の大学入学試験はどうなっているのでしょうか

突然ですがパスウェイ留学というのを知っていますか。高校を卒業してすぐに大学に進学する、大学1年生を対象とする特別なプログラムです。入学の条件が、基準よりも少しだけ下回って設定されているために、海外留学の難易度が下がるということで、大変な人気です。
その際に海外留学でどのような科目を勉強するのかも決めることができます。いずれにしてもその基本は英語力ではないでしょうか。外国で勉強をするので、しっかりとした英語力がないと、留学できたとしても、そこで確実な勉強をすることはできません。
ですからパスウェイ留学の入学試験を受ける前には、しっかりとした英語力を身につけておくことが絶対に必要です。入試のレベルが低いからといって決して油断はなりません。大切なのは現地に留学してから、どれだけ自分の能力を高められるかということでしょう。学部がたくさんありますので、自分が本当に勉強したい分野の学部を目指すのが良い方法です。

英語力に不安があるならパスウェイ留学の利用がおすすめです。

海外の大学に入学することに対してものすごく頑張らなければ実現できないこと。そのようなイメージをお持ちの方も多いかもしれません。しかし、それはすでに数十年前の話です。
これは、近年では入学地点で英語力がそれほどなくとも、あるいは高校の成績があまり良くなくとも大学附属のカレッジや語学学校、あるいは私立のパスウェイプログラムをもつカレッジで勉強すれば、誰でも海外の有名大学に入学することができでる制度が存在するためです。
なお、このような海外では条件付き入学という方法で進学することは一般的に「パスウェイ留学」と呼ばれています。このパスウェイ留学の利用にあたっては、前述の通り出願時に一般入学の基準として設けられている英語力を満たなくともパスウェイプログラムの履修を規定の成績以上で卒業することを条件に合格内定をもらい入学できる、というのが基本です。
また、中には最終学歴の成績が愛学への直接入学基準に満たなくともパスウェイプログラム修了時の基準クリアを条件に入学できるものもあります。

パスウェイ留学についてはコチラもチェック

パスウェイ留学

新着情報

◎2021/1/28

パスウェイ留学の情報収集
の情報を更新しました。

◎2020/12/4

向いている人はこんな人!
の情報を更新しました。

◎2020/09/15

サイト公開しました

「留学 仕組み」
に関連するツイート
Twitter

欧州留学中の陸奥は、内閣制度の仕組みはどのようなものか、議会はどのように運営されているのか、民主政治の先進国イギリスが、長い年月をかけて生み出した知識と知恵の数々を吸収した。ウィーンではシュタインの国家学を学んだ。

明治16(1883)年、特赦によって出獄を許され、伊藤博文の勧めもあってヨーロッパに留学する。明治17(1884)年にロンドンに到着した陸奥は、西洋近代社会の仕組みを知るために猛勉強した。ロンドンで陸奥が書いたノートが今も7冊残されている。

【Podcast New Episode!】Ep 20-1「留学ローカルトーーク:北欧・スカンジナビア編(1/4) ~住んでるまち紹介・国ごとの大学の仕組み」 今回はノルウェー/スウェーデン/フィンランドに留学中のゲストにお越しいただき、留学先ご当地トークを存分に繰り広げていただきます。

『アウトプット』とは脳の中の情報を外に出力すること🧠 英語学習に例えると ・行動する(海外に行く、留学する・ワーホリ行く) ・書く(単語など紙に書く) ・問題集を解く ・話す(オンライン英会話など) ・人に教える 脳の仕組み上、アウトプットしないと記憶に残りません❗️

欧州留学中の陸奥は、内閣制度の仕組みはどのようなものか、議会はどのように運営されているのか、民主政治の先進国イギリスが、長い年月をかけて生み出した知識と知恵の数々を吸収した。ウィーンではシュタインの国家学を学んだ。